バナナのテレビ情報


NoImage

    教授は知夫里島の夫妻が、バナナと海藻を食べていることに注目した。知夫里島ではバナナは貴重とされていて食べられており、バナナと海藻は心臓に欠かせない3大ミネラルが含まれているという。

    島根大学の教授がスタジオに登場し、心臓の仕組みについて解説していた。心臓は筋肉が巻かれており、その筋肉が老化すると心筋機能が衰えてくるという。

最新アイテム テレビ紹介最新情報をアイテムから探す

NoImage

バナナ

教授は知夫里島の夫妻が、バナナと海藻を食べていることに注目した。知夫里島ではバナナは貴重とされていて食べられており、バナナと海藻は心臓に欠かせない3大ミネラルが含まれているという。 島根大学の教授がスタジオに登場し、心臓の仕組みについて解説していた。心臓は筋肉が巻かれており、その筋肉が老化すると心筋機能が衰えてくるという。

NoImage

島根大学

教授は知夫里島の夫妻が、バナナと海藻を食べていることに注目した。知夫里島ではバナナは貴重とされていて食べられており、バナナと海藻は心臓に欠かせない3大ミネラルが含まれているという。 島根大学の教授がスタジオに登場し、心臓の仕組みについて解説していた。心臓は筋肉が巻かれており、その筋肉が老化すると心筋機能が衰えてくるという。


NoImage

島根大学

心臓年齢が10歳以上若かった知夫里島の夫妻の食生活を密着取材。夫婦は牧場を持っており、牛舎を中心に3ヵ所の牧場を回っている。 夫婦は放牧地で牛たちとエサをやり、少し休憩したら畑を難往復もして作業をしていった。 夕方になり、万歩計で測定した1日の歩数を発表。夫婦とも8000歩、10000万歩近くの歩数となっていた。 島根大学へ夫婦の生活のVTRを持って行き、心臓年齢の若さを保つポイントを探った。斜面を登ったりする仕事で、足の筋肉が鍛えられていることが心臓の若さに繋がっているという。

NoImage

島根大学

急性心筋梗塞の年齢調整死亡率が日本一低いのは島根県ということが分かり、島根県に心臓若返りの調査をする。 島根大学の教授が心臓の老化について解説した。心臓の老化は、心筋のしなやかさが失われることである。教授と一緒に急性心筋梗塞の年齢調整死亡率が日本一低い知夫里島へと調査しにいった。 知夫里島の55歳から91歳までの住民の心臓年齢をチェックした。結果、3分の1の人が10~20歳若い心臓だったことが分かった。



2011/06/28(火) 19:00の各局番組一覧