テレビ情報紹介TOP > 陣内貴美子

出演者からテレビ番組情報を探す

「陣内貴美子」のテレビ情報

陣内 貴美子(じんない きみこ、本名:金石 貴美子、1964年3月12日 – )は、日本のスポーツジャーナリスト・女性タレント、元バドミントン選手である。熊本県八代市出身。熊本中央女子高等学校(現・熊本中央高等学校)卒業。

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(wikipedia)』

「陣内貴美子」が最近出演した番組(新着10件)

「陣内貴美子」出演番組で紹介されたアイテム(新着10件)

NoImage

大豆

番組名:news every. ( 日本テレビ

冷凍庫から7年前に保存した柚子の汁を発見。また、去年農家の人が柔らかくなってしまって捨てようとした柿を貰い、冷凍保存したものも出てきた。レポーターが食べたところ、甘くて美味しい柿だった。この家庭は、何でも冷凍保存をしてしまう家だった。 床下ではお味噌を自家製で作っていた。畑を借りて大豆など33種類を育てている。この日は7品の料理を作ったが、購入したものはさつま揚げとシラスのみで300円だった。この夫婦の夢は、娘が嫁に行くことだと語った。貯金は1000万円たまっている。

NoImage

味噌

番組名:news every. ( 日本テレビ

冷凍庫から7年前に保存した柚子の汁を発見。また、去年農家の人が柔らかくなってしまって捨てようとした柿を貰い、冷凍保存したものも出てきた。レポーターが食べたところ、甘くて美味しい柿だった。この家庭は、何でも冷凍保存をしてしまう家だった。 床下ではお味噌を自家製で作っていた。畑を借りて大豆など33種類を育てている。この日は7品の料理を作ったが、購入したものはさつま揚げとシラスのみで300円だった。この夫婦の夢は、娘が嫁に行くことだと語った。貯金は1000万円たまっている。


NoImage

番組名:news every. ( 日本テレビ

冷凍庫から7年前に保存した柚子の汁を発見。また、去年農家の人が柔らかくなってしまって捨てようとした柿を貰い、冷凍保存したものも出てきた。レポーターが食べたところ、甘くて美味しい柿だった。この家庭は、何でも冷凍保存をしてしまう家だった。 床下ではお味噌を自家製で作っていた。畑を借りて大豆など33種類を育てている。この日は7品の料理を作ったが、購入したものはさつま揚げとシラスのみで300円だった。この夫婦の夢は、娘が嫁に行くことだと語った。貯金は1000万円たまっている。

NoImage

冷凍庫

番組名:news every. ( 日本テレビ

冷凍庫から7年前に保存した柚子の汁を発見。また、去年農家の人が柔らかくなってしまって捨てようとした柿を貰い、冷凍保存したものも出てきた。レポーターが食べたところ、甘くて美味しい柿だった。この家庭は、何でも冷凍保存をしてしまう家だった。 床下ではお味噌を自家製で作っていた。畑を借りて大豆など33種類を育てている。この日は7品の料理を作ったが、購入したものはさつま揚げとシラスのみで300円だった。この夫婦の夢は、娘が嫁に行くことだと語った。貯金は1000万円たまっている。


NoImage

カツオ

番組名:news every. ( 日本テレビ

今年の夏は15%節電が求められている中、今回は特に節電、節ガスに力を入れている夫婦を取材。ローン返済のために節約生活を始め、7年前にローンは完済したが節約生活が板につき、現在も毎月5万円は貯金している夫婦だった。 この家では約15年前から太陽光発電を取り入れており、電線を作る会社で働いていた主人が自力で蓄電器を設置し、8時間分の電力を貯めておくことが出来るシステムを作った。この家庭の太陽光発電未使用のときと使用しているときの電気代を比較すると、15%以上の節電が出来ていた。 ガス代の節約の為に、お風呂場にはたくさんのホースが繋がっていた。このホースは、屋根の上に設置した黒く塗られた100本のペットボトルに水を送り、太陽光で水をお湯に温め、再びお風呂場に戻すためのホースだった。このシステムも主人の手作りであり、お湯加減は38度と丁度良い湯加減だった。 電気代節約の為に太陽光を中心部分に集め、発生した熱を利用する調理器具のソーラークッカーを使ってお湯を沸かす。早いと30分、遅いときは1時間お湯を沸かすのにかかる。太陽の動きにあわせてソーラークッカーの位置を微調整することが必要になる。お肉を焼いたり、ご飯を炊くことも出来る。 この家庭の冷蔵庫をチェックすると、昆布やカツオのだし殻を粉末にして保存していた。また、賞味期限が7年前になっている食べ物を発見した。