テレビ情報紹介TOP > 菊地幸夫

出演者からテレビ番組情報を探す

「菊地幸夫」のテレビ情報

菊地 幸夫(きくち ゆきお、1957年6月28日 – )は、東京都出身の日本の弁護士、タレント(登録番号:20289、第二東京弁護士会)。

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(wikipedia)』

「菊地幸夫」が最近出演した番組(新着10件)

「菊地幸夫」出演番組で紹介されたアイテム(新着10件)

NoImage

新宿アルタ

番組名:行列のできる法律相談所 ( 日本テレビ

森三中大島らが自分たちの学生時代についてトーク。大島は小4~中2までが暗黒時代だったと話し、森三中村上の学生時代の写真について宮迫がハンプティ・ダンプティにそっくりだと言った。磯野貴理子は学生時代にアルタ前で東京に来ていた時、女の子2人組に可愛いと言われて上京を決意したと話した。 フット後藤の学生時代の写真についてさだまさしみたいだと宮迫らがコメントし、森三中黒沢は東野のファンで追っかけをしていたと明かした。宮迫は東野に番組でツバをかけられたことがあると話し、武田鉄矢は芸能界にいると荒れる時期があると井上陽水の悪口をステージで言っていたと話した。

NoImage

自転車

番組名:行列のできる法律相談所 ( 日本テレビ

武田鉄矢の思い出の曲、ミュージシャンの「She Lovers You」にのせて、武田鉄矢の青春時代を紹介。中高を通して柔道部で、高校時代のあだ名は「バルタン星人」だった。 大島美幸の思い出の曲、俳優の「TOO SHY SHY BOY!」にのせて、大島美幸の青春時代を紹介。高校時代は友人とコンビを組んで、雨上がり決死隊のネタをマネしていた。 村上知子の思い出の曲、ミュージシャンの「自転車」にのせて、村上知子の青春時代を紹介。中学時代はバスケ部のキャプテンだった村上知子は、1つ年上の先輩に片想いし、隠し撮りしていた。 黒沢かずこの思い出の曲、ミュージシャンの「GOING GOING HOME」にのせて、黒沢かずこの青春時代を紹介。中学高校とお笑いが大好きで、当時1番好きだった芸人は東野幸治。 後藤輝基の思い出の曲、歌手の「巡恋歌」にのせて、後藤輝基の青春時代を紹介。真面目でおとなしかった中学時代は女性と話すこともできなかったが、いまでは恋人とラブラブ。 徳島えりかの思い出の曲、歌手の「さくらんぼ」にのせて、徳島えりかの青春時代を紹介。中高と女子高に通い、高校では演劇部のヒロインとして活躍した。 磯野貴理子の思い出の曲、ミュージシャンの「もうひとつの土曜日」にのせて、磯野貴理子の青春時代を紹介。毎晩のように男子学生からアプローチの電話がかかってきたという。 宮迫博之の思い出の曲、歌手の「初恋」にのせて、宮迫博之の青春時代を紹介。学生時代は硬派なサッカー少年で、初恋の相手を校舎の上から眺めているだけの純粋な少年だった。 東野幸治の思い出の曲、タレントの「スニーカーぶる~す」にのせて、東野幸治の青春時代を紹介。中学時代は水泳が得意だったが、高校では将棋部に。


NoImage

ニコラ

番組名:行列のできる法律相談所 ( 日本テレビ

サプライズ卒業式を行われた川口はかわいいからだと森山中がすねる場面があった。島で育った川口がなぜ芸能界入りしたのかについて話題がとんだ。川口の親友がニコラの読者で、オーディションに応募したことから芸能界入りしたというエピソードが披露された。

NoImage

博多座

番組名:行列のできる法律相談所 ( 日本テレビ

時代劇版「101回目のプロポーズ」の宣伝。


NoImage

101回目のプロポーズ~百壱通目の恋文~

番組名:行列のできる法律相談所 ( 日本テレビ

時代劇版「101回目のプロポーズ」の宣伝。