テレビ情報紹介TOP > 瀬川昭人

出演者からテレビ番組情報を探す

「瀬川昭人」出演番組で紹介されたアイテム(新着10件)

NoImage

デミオ

番組名:Nスタ ( TBS

横浜市内の自動車販売店を取材。プリウスαを求めて、平日にも拘らず客が訪れている。プリウスαは最大7人乗りで、発表から1ヵ月で5万2000台が予約済み。ただし、納車までがほぼ1年となっている。 東日本大震災で部品メーカーが被災し物流網が寸断されたことで、自動車業界は震災で深刻なダメージを受け、トヨタ自動車も生産計画を大幅に遅れさせることになった。 そんな中トヨタ自動車は2012年3月期の見通しを発表。自動車業界が節電のため創業をずらしていく方針だが、トヨタ自動車は3000億円の収益を見込んでいるとした。 三菱自動車はアイ・ミーブを発表。価格は200万円を切っている。 マツダは新型のデミオを発表。ガソリンエンジンでリッター30kmというハイブリッドカー並みの超低燃費を実現。 新興国での販売も兼ね、エコカーをめぐる各社の競争は再び始まった。

NoImage

マツダ

番組名:Nスタ ( TBS

横浜市内の自動車販売店を取材。プリウスαを求めて、平日にも拘らず客が訪れている。プリウスαは最大7人乗りで、発表から1ヵ月で5万2000台が予約済み。ただし、納車までがほぼ1年となっている。 東日本大震災で部品メーカーが被災し物流網が寸断されたことで、自動車業界は震災で深刻なダメージを受け、トヨタ自動車も生産計画を大幅に遅れさせることになった。 そんな中トヨタ自動車は2012年3月期の見通しを発表。自動車業界が節電のため創業をずらしていく方針だが、トヨタ自動車は3000億円の収益を見込んでいるとした。 三菱自動車はアイ・ミーブを発表。価格は200万円を切っている。 マツダは新型のデミオを発表。ガソリンエンジンでリッター30kmというハイブリッドカー並みの超低燃費を実現。 新興国での販売も兼ね、エコカーをめぐる各社の競争は再び始まった。


NoImage

三菱・i-MiEV

番組名:Nスタ ( TBS

横浜市内の自動車販売店を取材。プリウスαを求めて、平日にも拘らず客が訪れている。プリウスαは最大7人乗りで、発表から1ヵ月で5万2000台が予約済み。ただし、納車までがほぼ1年となっている。 東日本大震災で部品メーカーが被災し物流網が寸断されたことで、自動車業界は震災で深刻なダメージを受け、トヨタ自動車も生産計画を大幅に遅れさせることになった。 そんな中トヨタ自動車は2012年3月期の見通しを発表。自動車業界が節電のため創業をずらしていく方針だが、トヨタ自動車は3000億円の収益を見込んでいるとした。 三菱自動車はアイ・ミーブを発表。価格は200万円を切っている。 マツダは新型のデミオを発表。ガソリンエンジンでリッター30kmというハイブリッドカー並みの超低燃費を実現。 新興国での販売も兼ね、エコカーをめぐる各社の競争は再び始まった。

NoImage

トヨタ自動車

番組名:Nスタ ( TBS

横浜市内の自動車販売店を取材。プリウスαを求めて、平日にも拘らず客が訪れている。プリウスαは最大7人乗りで、発表から1ヵ月で5万2000台が予約済み。ただし、納車までがほぼ1年となっている。 東日本大震災で部品メーカーが被災し物流網が寸断されたことで、自動車業界は震災で深刻なダメージを受け、トヨタ自動車も生産計画を大幅に遅れさせることになった。 そんな中トヨタ自動車は2012年3月期の見通しを発表。自動車業界が節電のため創業をずらしていく方針だが、トヨタ自動車は3000億円の収益を見込んでいるとした。 三菱自動車はアイ・ミーブを発表。価格は200万円を切っている。 マツダは新型のデミオを発表。ガソリンエンジンでリッター30kmというハイブリッドカー並みの超低燃費を実現。 新興国での販売も兼ね、エコカーをめぐる各社の競争は再び始まった。


NoImage

トヨタ自動車

番組名:Nスタ ( TBS

横浜市内の自動車販売店を取材。プリウスαを求めて、平日にも拘らず客が訪れている。プリウスαは最大7人乗りで、発表から1ヵ月で5万2000台が予約済み。ただし、納車までがほぼ1年となっている。 東日本大震災で部品メーカーが被災し物流網が寸断されたことで、自動車業界は震災で深刻なダメージを受け、トヨタ自動車も生産計画を大幅に遅れさせることになった。 そんな中トヨタ自動車は2012年3月期の見通しを発表。自動車業界が節電のため創業をずらしていく方針だが、トヨタ自動車は3000億円の収益を見込んでいるとした。 三菱自動車はアイ・ミーブを発表。価格は200万円を切っている。 マツダは新型のデミオを発表。ガソリンエンジンでリッター30kmというハイブリッドカー並みの超低燃費を実現。 新興国での販売も兼ね、エコカーをめぐる各社の競争は再び始まった。