テレビ情報紹介TOP > 板東英二

出演者からテレビ番組情報を探す

「板東英二」のテレビ情報

板東 英二(ばんどう えいじ、1940年4月5日 – )は、旧満州国生まれ、徳島県板野郡板東町(現鳴門市)育ちの元プロ野球選手、野球解説者(ニッポン放送、毎日放送と契約、かつては中部日本放送)、野球評論家、タレント、司会者、俳優。

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(wikipedia)』

「板東英二」が最近出演した番組(新着10件)

「板東英二」出演番組で紹介されたアイテム(新着10件)

NoImage

生しらす

番組名:秘密のケンミンSHOW ( 日本テレビ

主人公は上司とともにうなぎパイで有名な春華堂へ営業。工場では1日に約20万本製造し、ブランデーを塗って焼き上げた「うなぎパイV.S.O.P.」もある。キャッチフレーズは「夜のお菓子」だが、これは「夜の一家団欒の時に食べてもらいたい」という思いが込められている。 工場の見学を終えた主人公らは工場に併設されたうなぎパイカフェへ。うなぎパイの可能性を追求したメニューを取り扱っており、「うなぎパイのミルフィーユ仕立て」などが登場。 太平洋に面して海水浴場も多い静岡県だが、静岡市には主な海水浴場がない。そのため静岡市民は太平洋に面した大浜公園プールを利用する。流水プール、50mプール、噴水プールとバリエーション豊富だが、入園料は無料。付近には静岡おでんやカキ氷の屋台が連なる。 外回りを終えた主人公を連れて部長は「視察じゃ!」と言ってサウスポット静岡3Fにある静岡ホビースクエアへ。ここではタミヤやバンダイなど大手プラモデルメーカーの最新作を展示。静岡県はプラモデルキットの出荷額が日本一で、県内に多くのメーカーが本社を構える。そのルーツは江戸時代、その他一般人が静岡浅間神社の社殿を造営する際に全国から宮大工を招集、その職人達が静岡に住みつき伝統工芸品の技術が発展。熟練した技術がプラモデルへと受け継がれていったという。 休日、主人公夫婦は静岡県内に32店舗を展開するしずてつストアでお買い物。隣の家の奥さんと出会い、生しらす、カツオのヘソ、鰹節のスナック菓子「がんばれ!!バリ勝男クン。」などを勧められた。 自宅ではるみは物件のチラシを眺め、京一郎と富士山が見える物件を見に行く。東静岡駅に到着し、タワー・ザ・ファースト静岡を訪問。そこからは富士山と町の景色が一望できた。販売価格は6500万円となっている。 はるみが待っている自宅に帰った京一郎が、青森に転勤になったことを告げる。

NoImage

カツオ

番組名:秘密のケンミンSHOW ( 日本テレビ

主人公は上司とともにうなぎパイで有名な春華堂へ営業。工場では1日に約20万本製造し、ブランデーを塗って焼き上げた「うなぎパイV.S.O.P.」もある。キャッチフレーズは「夜のお菓子」だが、これは「夜の一家団欒の時に食べてもらいたい」という思いが込められている。 工場の見学を終えた主人公らは工場に併設されたうなぎパイカフェへ。うなぎパイの可能性を追求したメニューを取り扱っており、「うなぎパイのミルフィーユ仕立て」などが登場。 太平洋に面して海水浴場も多い静岡県だが、静岡市には主な海水浴場がない。そのため静岡市民は太平洋に面した大浜公園プールを利用する。流水プール、50mプール、噴水プールとバリエーション豊富だが、入園料は無料。付近には静岡おでんやカキ氷の屋台が連なる。 外回りを終えた主人公を連れて部長は「視察じゃ!」と言ってサウスポット静岡3Fにある静岡ホビースクエアへ。ここではタミヤやバンダイなど大手プラモデルメーカーの最新作を展示。静岡県はプラモデルキットの出荷額が日本一で、県内に多くのメーカーが本社を構える。そのルーツは江戸時代、その他一般人が静岡浅間神社の社殿を造営する際に全国から宮大工を招集、その職人達が静岡に住みつき伝統工芸品の技術が発展。熟練した技術がプラモデルへと受け継がれていったという。 休日、主人公夫婦は静岡県内に32店舗を展開するしずてつストアでお買い物。隣の家の奥さんと出会い、生しらす、カツオのヘソ、鰹節のスナック菓子「がんばれ!!バリ勝男クン。」などを勧められた。 自宅ではるみは物件のチラシを眺め、京一郎と富士山が見える物件を見に行く。東静岡駅に到着し、タワー・ザ・ファースト静岡を訪問。そこからは富士山と町の景色が一望できた。販売価格は6500万円となっている。 はるみが待っている自宅に帰った京一郎が、青森に転勤になったことを告げる。


NoImage

がんばれ!!バリ勝男クン。

番組名:秘密のケンミンSHOW ( 日本テレビ

主人公は上司とともにうなぎパイで有名な春華堂へ営業。工場では1日に約20万本製造し、ブランデーを塗って焼き上げた「うなぎパイV.S.O.P.」もある。キャッチフレーズは「夜のお菓子」だが、これは「夜の一家団欒の時に食べてもらいたい」という思いが込められている。 工場の見学を終えた主人公らは工場に併設されたうなぎパイカフェへ。うなぎパイの可能性を追求したメニューを取り扱っており、「うなぎパイのミルフィーユ仕立て」などが登場。 太平洋に面して海水浴場も多い静岡県だが、静岡市には主な海水浴場がない。そのため静岡市民は太平洋に面した大浜公園プールを利用する。流水プール、50mプール、噴水プールとバリエーション豊富だが、入園料は無料。付近には静岡おでんやカキ氷の屋台が連なる。 外回りを終えた主人公を連れて部長は「視察じゃ!」と言ってサウスポット静岡3Fにある静岡ホビースクエアへ。ここではタミヤやバンダイなど大手プラモデルメーカーの最新作を展示。静岡県はプラモデルキットの出荷額が日本一で、県内に多くのメーカーが本社を構える。そのルーツは江戸時代、その他一般人が静岡浅間神社の社殿を造営する際に全国から宮大工を招集、その職人達が静岡に住みつき伝統工芸品の技術が発展。熟練した技術がプラモデルへと受け継がれていったという。 休日、主人公夫婦は静岡県内に32店舗を展開するしずてつストアでお買い物。隣の家の奥さんと出会い、生しらす、カツオのヘソ、鰹節のスナック菓子「がんばれ!!バリ勝男クン。」などを勧められた。 自宅ではるみは物件のチラシを眺め、京一郎と富士山が見える物件を見に行く。東静岡駅に到着し、タワー・ザ・ファースト静岡を訪問。そこからは富士山と町の景色が一望できた。販売価格は6500万円となっている。 はるみが待っている自宅に帰った京一郎が、青森に転勤になったことを告げる。

NoImage

駿河塗下駄

番組名:秘密のケンミンSHOW ( 日本テレビ

主人公は上司とともにうなぎパイで有名な春華堂へ営業。工場では1日に約20万本製造し、ブランデーを塗って焼き上げた「うなぎパイV.S.O.P.」もある。キャッチフレーズは「夜のお菓子」だが、これは「夜の一家団欒の時に食べてもらいたい」という思いが込められている。 工場の見学を終えた主人公らは工場に併設されたうなぎパイカフェへ。うなぎパイの可能性を追求したメニューを取り扱っており、「うなぎパイのミルフィーユ仕立て」などが登場。 太平洋に面して海水浴場も多い静岡県だが、静岡市には主な海水浴場がない。そのため静岡市民は太平洋に面した大浜公園プールを利用する。流水プール、50mプール、噴水プールとバリエーション豊富だが、入園料は無料。付近には静岡おでんやカキ氷の屋台が連なる。 外回りを終えた主人公を連れて部長は「視察じゃ!」と言ってサウスポット静岡3Fにある静岡ホビースクエアへ。ここではタミヤやバンダイなど大手プラモデルメーカーの最新作を展示。静岡県はプラモデルキットの出荷額が日本一で、県内に多くのメーカーが本社を構える。そのルーツは江戸時代、その他一般人が静岡浅間神社の社殿を造営する際に全国から宮大工を招集、その職人達が静岡に住みつき伝統工芸品の技術が発展。熟練した技術がプラモデルへと受け継がれていったという。 休日、主人公夫婦は静岡県内に32店舗を展開するしずてつストアでお買い物。隣の家の奥さんと出会い、生しらす、カツオのヘソ、鰹節のスナック菓子「がんばれ!!バリ勝男クン。」などを勧められた。 自宅ではるみは物件のチラシを眺め、京一郎と富士山が見える物件を見に行く。東静岡駅に到着し、タワー・ザ・ファースト静岡を訪問。そこからは富士山と町の景色が一望できた。販売価格は6500万円となっている。 はるみが待っている自宅に帰った京一郎が、青森に転勤になったことを告げる。


NoImage

駿河漆器

番組名:秘密のケンミンSHOW ( 日本テレビ

主人公は上司とともにうなぎパイで有名な春華堂へ営業。工場では1日に約20万本製造し、ブランデーを塗って焼き上げた「うなぎパイV.S.O.P.」もある。キャッチフレーズは「夜のお菓子」だが、これは「夜の一家団欒の時に食べてもらいたい」という思いが込められている。 工場の見学を終えた主人公らは工場に併設されたうなぎパイカフェへ。うなぎパイの可能性を追求したメニューを取り扱っており、「うなぎパイのミルフィーユ仕立て」などが登場。 太平洋に面して海水浴場も多い静岡県だが、静岡市には主な海水浴場がない。そのため静岡市民は太平洋に面した大浜公園プールを利用する。流水プール、50mプール、噴水プールとバリエーション豊富だが、入園料は無料。付近には静岡おでんやカキ氷の屋台が連なる。 外回りを終えた主人公を連れて部長は「視察じゃ!」と言ってサウスポット静岡3Fにある静岡ホビースクエアへ。ここではタミヤやバンダイなど大手プラモデルメーカーの最新作を展示。静岡県はプラモデルキットの出荷額が日本一で、県内に多くのメーカーが本社を構える。そのルーツは江戸時代、その他一般人が静岡浅間神社の社殿を造営する際に全国から宮大工を招集、その職人達が静岡に住みつき伝統工芸品の技術が発展。熟練した技術がプラモデルへと受け継がれていったという。 休日、主人公夫婦は静岡県内に32店舗を展開するしずてつストアでお買い物。隣の家の奥さんと出会い、生しらす、カツオのヘソ、鰹節のスナック菓子「がんばれ!!バリ勝男クン。」などを勧められた。 自宅ではるみは物件のチラシを眺め、京一郎と富士山が見える物件を見に行く。東静岡駅に到着し、タワー・ザ・ファースト静岡を訪問。そこからは富士山と町の景色が一望できた。販売価格は6500万円となっている。 はるみが待っている自宅に帰った京一郎が、青森に転勤になったことを告げる。