テレビ情報紹介TOP > 岩清水梓

出演者からテレビ番組情報を探す

「岩清水梓」のテレビ情報

岩清水 梓(いわしみず あずさ、1986年10月14日 - )は、日テレ・ベレーザに所属の女子サッカー選手。岩手県滝沢村出身。のち神奈川県相模原市に居住。日本女子体育大学在学。身長161cm。ポジションはディフェンダー。2006なでしこリーグでベストイレブンを受賞した。

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(wikipedia)』

「岩清水梓」が最近出演した番組(新着10件)

「岩清水梓」出演番組で紹介されたアイテム(新着10件)

NoImage

ジェフユナイテッド市原・千葉レディース

番組名:Going! Sports&News ( 日本テレビ

ジェフ千葉レディース サッカー選手から上田宛のメールでは、「明日入院し、明後日から手術なので、しっかり治して、一日でも早くピッチに立てるように頑張ります」と記されていた。まずはケガを治すことに専念してほしいと上田と黒木は話した。

NoImage

ロンドンオリンピック

番組名:Going! Sports&News ( 日本テレビ

なでしこジャパンからサッカー選手、サッカー選手、サッカー選手の3人に独占インタビュー。インタビューの前に上田ソックスをプレゼント。 金メダルを取れる確率について、阪口夢穂と上尾野辺めぐみは気持ちは100%であると語った。岩清水梓は言いませんと語った。 金メダルのために必要なことは、3人とも個人のレベルアップと回答。サッカー選手はそれぞれがレベルアップしたら、今野大きさから更にパワーの大きいチームになれる。アジア戦で油断してたら抜かれると危機感を覚えたと語った。 また、サッカー選手はレギュラーとサブの力の差を感じ、苦しい試合でサブメンバーが助けてあげられたらと思ったと語った。 ロンドン五輪まで10ヵ月。なでしこメンバーはアジア予選の20人から18人に絞られる。メンバーに残るための競争も残っている。サッカー選手は他の選手に負けるつもりはない。でもアピールし続けないといけないと語った。サッカー選手はレベルを上げないとメンバー入りは厳しいと語り、サッカー選手はチームでの活躍がないと入れないのでチームでよい成績を残したいと語った。 そしてなでしこリーグが再開し、サッカー選手とサッカー選手はそろって試合に出場。ロンドン五輪に強烈にアピールする試合を見せた。


NoImage

ロンドンオリンピック

番組名:Going! Sports&News ( 日本テレビ

なでしこリーグが再開。明後日、手術を実施する予定の丸山桂里奈選手に密着。ライバルや先輩であるサッカー選手との秘話について語った。 INAC神戸とジェフ千葉レディースとの対戦。丸山桂里奈は出場できないため、サイン会を実施。丸山桂里奈はオリンピックのドイツ戦で決勝ゴールを決めるも、その後の試合で右ヒさ前十字靭帯を断裂。その他(スポーツ関係者)が視察する中、試合を観戦することしかできない。 試合ではライバルである川澄奈穂美が活躍し、3-0でINAC神戸がジェフ千葉レディースに勝利。試合後の単独インタビューでは、手術が痛そうであることや、川澄奈穂美選手のプレイの変化について語った。 試合で印象に残ったプレーとして、サッカー選手のスルーパスを挙げた。サッカー選手からのメールで手術について励ましの言葉をもらい、とても嬉しかったと語った。また、サポーターからはメッセージ入りの旗が贈られた。最後にロンドンオリンピックに向けての意気込みを語った。

NoImage

ジェフユナイテッド市原・千葉レディース

番組名:Going! Sports&News ( 日本テレビ

なでしこリーグが再開。明後日、手術を実施する予定の丸山桂里奈選手に密着。ライバルや先輩であるサッカー選手との秘話について語った。 INAC神戸とジェフ千葉レディースとの対戦。丸山桂里奈は出場できないため、サイン会を実施。丸山桂里奈はオリンピックのドイツ戦で決勝ゴールを決めるも、その後の試合で右ヒさ前十字靭帯を断裂。その他(スポーツ関係者)が視察する中、試合を観戦することしかできない。 試合ではライバルである川澄奈穂美が活躍し、3-0でINAC神戸がジェフ千葉レディースに勝利。試合後の単独インタビューでは、手術が痛そうであることや、川澄奈穂美選手のプレイの変化について語った。 試合で印象に残ったプレーとして、サッカー選手のスルーパスを挙げた。サッカー選手からのメールで手術について励ましの言葉をもらい、とても嬉しかったと語った。また、サポーターからはメッセージ入りの旗が贈られた。最後にロンドンオリンピックに向けての意気込みを語った。


NoImage

INAC神戸レオネッサ

番組名:Going! Sports&News ( 日本テレビ

なでしこリーグが再開。明後日、手術を実施する予定の丸山桂里奈選手に密着。ライバルや先輩であるサッカー選手との秘話について語った。 INAC神戸とジェフ千葉レディースとの対戦。丸山桂里奈は出場できないため、サイン会を実施。丸山桂里奈はオリンピックのドイツ戦で決勝ゴールを決めるも、その後の試合で右ヒさ前十字靭帯を断裂。その他(スポーツ関係者)が視察する中、試合を観戦することしかできない。 試合ではライバルである川澄奈穂美が活躍し、3-0でINAC神戸がジェフ千葉レディースに勝利。試合後の単独インタビューでは、手術が痛そうであることや、川澄奈穂美選手のプレイの変化について語った。 試合で印象に残ったプレーとして、サッカー選手のスルーパスを挙げた。サッカー選手からのメールで手術について励ましの言葉をもらい、とても嬉しかったと語った。また、サポーターからはメッセージ入りの旗が贈られた。最後にロンドンオリンピックに向けての意気込みを語った。