テレビ情報紹介TOP > 小嶋陽菜

出演者からテレビ番組情報を探す

「小嶋陽菜」のテレビ情報

小嶋 陽菜(こじま はるな、1988年4月19日 – )は、日本の女性アイドルグループ、AKB48のチームAのメンバー、女優である。埼玉県さいたま市出身。愛称は「こじはる」「はるな」「にゃんにゃん」「はるにゃん」「こじぱ」など多数あり、殆どは「こじはる」、板野友美や峯岸みなみからは「はるな」、宮澤佐江や元メンバーの大島麻衣からは「こじぱ」、小野恵令奈や前田敦子からは「にゃんにゃん」、高橋みなみからは「ぱるさん」、篠田麻里子からは「ニャロ」と呼ばれている。

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(wikipedia)』

「小嶋陽菜」が最近出演した番組(新着10件)

6月22日(水) 15:55ゴゴドラ

共演者

6月21日(火) 15:55ゴゴドラ

共演者

「小嶋陽菜」出演番組で紹介されたアイテム(新着10件)

NoImage

吉本総合芸能学院

番組名:なるほど!ハイスクール AKBがカラダをはって大実験!完全予習SP ( 日本テレビ

はがきの書き方で浮気っぽい度が分かる。1番浮気っぽいのはタレントと診断された。住所を3行で書いていることから、切り替えが早いとの診断がされた。同様の理由でにタレントも浮気っぽいと診断され、真ん中から書いていることで怖いもの知らずとの判定がされた。 タレントの東京NSCの入学願書で、2人の筆跡を鑑定した。タレントはアドリブが苦手で、タレントはガンコ職人型で目立ちたいという気持ちが強いと解説された。

NoImage

はがき・切手

番組名:なるほど!ハイスクール AKBがカラダをはって大実験!完全予習SP ( 日本テレビ

はがきの書き方で浮気っぽい度が分かる。1番浮気っぽいのはタレントと診断された。住所を3行で書いていることから、切り替えが早いとの診断がされた。同様の理由でにタレントも浮気っぽいと診断され、真ん中から書いていることで怖いもの知らずとの判定がされた。 タレントの東京NSCの入学願書で、2人の筆跡を鑑定した。タレントはアドリブが苦手で、タレントはガンコ職人型で目立ちたいという気持ちが強いと解説された。


NoImage

はがき・切手

番組名:なるほど!ハイスクール AKBがカラダをはって大実験!完全予習SP ( 日本テレビ

漢字の「様」を書いてガンコ度が分かる診断をし、最もガンコなのはタレントと判定された。へんとつくりの間が狭いとガンコだと説明。タレントもガンコだと診断された。 へんとつくりが広いメンバーはタレントとタレントと診断され、間が広いと心の広さを表している。 ミュージシャンが書いた「様」の字を紹介。へんとつくりがとても広く、非常に包容力のあると診断された。 タレントとタレントの筆跡には、へんの突出が長いためリーダ気質との診断がされた。 続いて漢字の「子」を書いて根性なし度が分かる診断をし、最も根性がないのはタレントとなった。「子」のハネがないと諦めが早いとの診断である。 逆に1番粘り強いのはタレントとタレントと診断された。歌手の「子」は非常にハネており、俳優の「子」は弧を描いていて大物の証拠と診断。 はがきの書き方で浮気っぽい度が分かる。1番浮気っぽいのはタレントと診断された。

NoImage

アマナイメージズ

番組名:なるほど!ハイスクール AKBがカラダをはって大実験!完全予習SP ( 日本テレビ

チリ鉱山崩落事故で、筆跡が安否確認に貢献していたことを紹介。事故発生から17日、ドリルに手紙が結び付けられており、その手紙の文字や筆圧が分析されて精神状態が安定していることが分かっていた。 筆跡は性格や心理を知るための手段として世界でも注目されており、特にフランスでは筆跡の学会や国家資格が存在している。筆跡診断の重鎮と呼ばれている先生にっよってスタジオメンバーの筆跡から性格を診断していく。 評論家・コメンテイター・ジャーナリストが、タレントが書いたラブレターの筆跡を鑑定した。かわいく見えるのが論理的で、自己アピールが強いテクニシャンと診断された。 漢字の「様」を書いてガンコ度が分かる診断をし、最もガンコなのはタレントと判定された。


NoImage

アフロ

番組名:なるほど!ハイスクール AKBがカラダをはって大実験!完全予習SP ( 日本テレビ

チリ鉱山崩落事故で、筆跡が安否確認に貢献していたことを紹介。事故発生から17日、ドリルに手紙が結び付けられており、その手紙の文字や筆圧が分析されて精神状態が安定していることが分かっていた。 筆跡は性格や心理を知るための手段として世界でも注目されており、特にフランスでは筆跡の学会や国家資格が存在している。筆跡診断の重鎮と呼ばれている先生にっよってスタジオメンバーの筆跡から性格を診断していく。 評論家・コメンテイター・ジャーナリストが、タレントが書いたラブレターの筆跡を鑑定した。かわいく見えるのが論理的で、自己アピールが強いテクニシャンと診断された。 漢字の「様」を書いてガンコ度が分かる診断をし、最もガンコなのはタレントと判定された。