テレビ情報紹介TOP > 大谷昭宏

出演者からテレビ番組情報を探す

「大谷昭宏」のテレビ情報

大谷 昭宏(おおたに あきひろ、1945年7月8日 – )は、日本のジャーナリスト。東京都目黒区出身。弟は大阪高等裁判所長官の大谷剛彦。 [1]出典:フリー百科事典『ウィキペディア(wikipedia)』

「大谷昭宏」が最近出演した番組(新着10件)

「大谷昭宏」出演番組で紹介されたアイテム(新着10件)

NoImage

東北新幹線

番組名:スーパーJチャンネル ( テレビ朝日

東日本大震災の影響で運行が停止していた東北新幹線が再開した。JR大宮駅の駅弁店では売れ筋標品に変化が出て東北地方の駅弁で売れるようになった。 地震の影響で大きな被害を受けたJR仙台駅では、東北新幹線の再開に利用者が笑顔をみせていた。また仙台駅でも地元の名物の「笹かま」が復活した。 一方で新青森駅では客足が戻らず、旬味館では売り上げが震災の1割まで落ち込んでいた。地元のみやげ店では復興者支援の企画をしているがお客はほとんどが地元の常連客となっている。

NoImage

大宮駅

番組名:スーパーJチャンネル ( テレビ朝日

東日本大震災の影響で運行が停止していた東北新幹線が再開した。JR大宮駅の駅弁店では売れ筋標品に変化が出て東北地方の駅弁で売れるようになった。 地震の影響で大きな被害を受けたJR仙台駅では、東北新幹線の再開に利用者が笑顔をみせていた。また仙台駅でも地元の名物の「笹かま」が復活した。 一方で新青森駅では客足が戻らず、旬味館では売り上げが震災の1割まで落ち込んでいた。地元のみやげ店では復興者支援の企画をしているがお客はほとんどが地元の常連客となっている。


NoImage

東京駅

番組名:スーパーJチャンネル ( テレビ朝日

東日本大震災の影響で運行が停止していた東北新幹線が再開した。JR大宮駅の駅弁店では売れ筋標品に変化が出て東北地方の駅弁で売れるようになった。 地震の影響で大きな被害を受けたJR仙台駅では、東北新幹線の再開に利用者が笑顔をみせていた。また仙台駅でも地元の名物の「笹かま」が復活した。 一方で新青森駅では客足が戻らず、旬味館では売り上げが震災の1割まで落ち込んでいた。地元のみやげ店では復興者支援の企画をしているがお客はほとんどが地元の常連客となっている。

NoImage

あおもり旬味館

番組名:スーパーJチャンネル ( テレビ朝日

東日本大震災の影響で運行が停止していた東北新幹線が再開した。JR大宮駅の駅弁店では売れ筋標品に変化が出て東北地方の駅弁で売れるようになった。 地震の影響で大きな被害を受けたJR仙台駅では、東北新幹線の再開に利用者が笑顔をみせていた。また仙台駅でも地元の名物の「笹かま」が復活した。 一方で新青森駅では客足が戻らず、旬味館では売り上げが震災の1割まで落ち込んでいた。地元のみやげ店では復興者支援の企画をしているがお客はほとんどが地元の常連客となっている。


NoImage

新青森駅

番組名:スーパーJチャンネル ( テレビ朝日

東日本大震災の影響で運行が停止していた東北新幹線が再開した。JR大宮駅の駅弁店では売れ筋標品に変化が出て東北地方の駅弁で売れるようになった。 地震の影響で大きな被害を受けたJR仙台駅では、東北新幹線の再開に利用者が笑顔をみせていた。また仙台駅でも地元の名物の「笹かま」が復活した。 一方で新青森駅では客足が戻らず、旬味館では売り上げが震災の1割まで落ち込んでいた。地元のみやげ店では復興者支援の企画をしているがお客はほとんどが地元の常連客となっている。