テレビ情報紹介TOP > 吉澤一彦

出演者からテレビ番組情報を探す

「吉澤一彦」のテレビ情報

吉澤 一彦(よしざわ かずひこ、1955年2月17日 – )は、テレビ朝日のアナウンサー。北海道砂川市出身。出生が砂川市となっているが同市に住んでいたのは3歳までのため、吉澤自身も当時の記憶はなく、その後は東京育ちである。

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(wikipedia)』

「吉澤一彦」が最近出演した番組(新着10件)

「吉澤一彦」出演番組で紹介されたアイテム(新着10件)

NoImage

座頭市 メイキング

番組名:やじうまテレビ! ( テレビ朝日

1997年6月21日は、勝新太郎が亡くなった日。スタジオで、勝新太郎の手描き台本と、「台本はひらがなで覚えろ。」の意味を紹介。

NoImage

座頭市

番組名:やじうまテレビ! ( テレビ朝日

1997年6月21日は、勝新太郎が亡くなった日。スタジオで、勝新太郎の手描き台本と、「台本はひらがなで覚えろ。」の意味を紹介。


NoImage

座頭市 メイキング

番組名:やじうまテレビ! ( テレビ朝日

出世作となった「座頭市」をリメイクするにあたって、自ら主演・監督・脚本を勤めた勝新太郎。谷崎弘一が当時の勝新太郎について語った。勝がよく口にしていた言葉「無駄なものに宝がある。」の意味を紹介。

NoImage

Ustream

番組名:はい!テレビ朝日です ( テレビ朝日

USTREAMを使った震災情報の発信で、評論家・コメンテイター・ジャーナリストを紹介。情報発信を続ける中で既存のジャーナリズムへの疑問を語った。 評論家・コメンテイター・ジャーナリストは、インターネットとマスメディアは今後どうなるかの問いに、メディアの枠組みを再構築する時と話した。 USTREAMを使った震災情報の発信で、その他一般人を紹介。リアルタイムで放射線量を測定した情報発信について話した。 USTREAMを使っての配信でのスタジオトークとなった。


NoImage

Ustream

番組名:はい!テレビ朝日です ( テレビ朝日

USTREAMを使った震災情報の発信で、評論家・コメンテイター・ジャーナリストを紹介。情報発信を続ける中で既存のジャーナリズムへの疑問を語った。 評論家・コメンテイター・ジャーナリストは、インターネットとマスメディアは今後どうなるかの問いに、メディアの枠組みを再構築する時と話した。 USTREAMを使った震災情報の発信で、その他一般人を紹介。リアルタイムで放射線量を測定した情報発信について話した。 USTREAMを使っての配信でのスタジオトークとなった。