テレビ情報紹介TOP > 南原清隆

出演者からテレビ番組情報を探す

「南原清隆」のテレビ情報

南原 清隆(なんばら きよたか、1965年2月13日 – )は、日本の男性お笑い芸人、俳優、スポーツキャスター。

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(wikipedia)』

「南原清隆」が最近出演した番組(新着10件)

7月3日(日) 15:00スペシャルアンコール

共演者

「南原清隆」出演番組で紹介されたアイテム(新着10件)

NoImage

グローバル・インディアン・インターナショナル・スクール・ジャパン

番組名:教科書にのせたい! ( TBS

グローバル・インディアン・インターナショナル・スクール・ジャパンでは、朝礼時にその日のニュースや自分で調べてきたことを英語でスピーチするという。学校の校長は、この朝礼の意味について、国際会議活躍するためのトレーニングだと話した。 グローバル・インディアン・インターナショナル・スクール・ジャパンは、5歳から教育を開始し、6歳で掛け算や割り算を一緒に習うという。 日本の一般的な学校が1授業45分で6時間なのに対して、グローバル・インディアン・インターナショナル・スクール・ジャパンでは、1授業40分で9時間勉強するという。また、後者では休み時間が無い代わりに、授業中にトイレに行く自由が認められている。

NoImage

グローバル・インディアン・インターナショナル・スクール・ジャパン

番組名:教科書にのせたい! ( TBS

グローバル・インディアン・インターナショナル・スクール・ジャパンに通う子どもたちに将来の夢を聞いたところ、宇宙飛行士や医師などが多かった。この学校においては、生徒と先生の間に信頼があるという。


NoImage

グローバル・インディアン・インターナショナル・スクール・ジャパン

番組名:教科書にのせたい! ( TBS

グローバル・インディアン・インターナショナル・スクール・ジャパンの子供達は、1時間目の後に設けられた時間でフルーツやお菓子を食べるという。教育関係者は、朝栄養を補給することは脳の働きを1日中良くするために大切と話した。 グローバル・インディアン・インターナショナル・スクール・ジャパンには、ヨガの授業がある。この授業によって、精神力や集中力を高め、また体も柔らかくするという。 グローバル・インディアン・インターナショナル・スクール・ジャパンの子どもたちは筆記体で字を書くことができるという。ラリタ・ポール先生は、「インドでは文字は書く人の個性を表すものという考えがあるから筆記体を使う」と話した。

NoImage

グローバル・インディアン・インターナショナル・スクール・ジャパン

番組名:教科書にのせたい! ( TBS

グローバル・インディアン・インターナショナル・スクール・ジャパンの子供達は、1時間目の後に設けられた時間でフルーツやお菓子を食べるという。教育関係者は、朝栄養を補給することは脳の働きを1日中良くするために大切と話した。 グローバル・インディアン・インターナショナル・スクール・ジャパンには、ヨガの授業がある。この授業によって、精神力や集中力を高め、また体も柔らかくするという。 グローバル・インディアン・インターナショナル・スクール・ジャパンの子どもたちは筆記体で字を書くことができるという。ラリタ・ポール先生は、「インドでは文字は書く人の個性を表すものという考えがあるから筆記体を使う」と話した。


NoImage

グローバル・インディアン・インターナショナル・スクール・ジャパン

番組名:教科書にのせたい! ( TBS

グローバル・インディアン・インターナショナル・スクール・ジャパンの子供達は、1時間目の後に設けられた時間でフルーツやお菓子を食べるという。教育関係者は、朝栄養を補給することは脳の働きを1日中良くするために大切と話した。 グローバル・インディアン・インターナショナル・スクール・ジャパンには、ヨガの授業がある。この授業によって、精神力や集中力を高め、また体も柔らかくするという。 グローバル・インディアン・インターナショナル・スクール・ジャパンの子どもたちは筆記体で字を書くことができるという。ラリタ・ポール先生は、「インドでは文字は書く人の個性を表すものという考えがあるから筆記体を使う」と話した。