テレビ情報紹介TOP > 内村光良

出演者からテレビ番組情報を探す

「内村光良」のテレビ情報

内村 光良(うちむら てるよし、1964年7月22日 – )は、日本の男性お笑い芸人、俳優、司会者。

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(wikipedia)』

「内村光良」が最近出演した番組(新着10件)

「内村光良」出演番組で紹介されたアイテム(新着10件)

NoImage

サッカーワールドカップ

番組名:教科書にのせたい! ( TBS

サッカー選手は1993年のワールドカップアジア最終予選の試合で2ゴール1アシストの活躍を見せMVPに輝く。そしてその翌朝、現地カタールの新聞に「KING KAZU」と載せられ、そのままキングカズという呼び方が浸透した。 その当人、サッカー選手は「キングと呼ばれていいのはその他(スポーツ関係者)」だけと語る。かつてカズはそのその他(スポーツ関係者)が所属していたサントスにも所属していた。 スタジオでサッカー選手についてトーク。 海外移籍の草分け的存在となったサッカー選手は27歳のときにセリエAに移籍。しかしデビュー戦で鼻骨折し、イタリアの活動を終えた。その後、日本は1997年にワールドカップ出場を決定。しかし開幕直前にサッカー選手は代表落ちとなった。 そんなサッカー選手が現在所属している横浜FCのメンバーに取材。 Numberに掲載されていたサッカー選手の言葉を紹介。その中では「KING」という言葉とその他(スポーツ関係者)について語られていた。

NoImage

サッカーワールドカップ

番組名:教科書にのせたい! ( TBS

サッカー選手は1993年のワールドカップアジア最終予選の試合で2ゴール1アシストの活躍を見せMVPに輝く。そしてその翌朝、現地カタールの新聞に「KING KAZU」と載せられ、そのままキングカズという呼び方が浸透した。 その当人、サッカー選手は「キングと呼ばれていいのはその他(スポーツ関係者)」だけと語る。かつてカズはそのその他(スポーツ関係者)が所属していたサントスにも所属していた。 スタジオでサッカー選手についてトーク。 海外移籍の草分け的存在となったサッカー選手は27歳のときにセリエAに移籍。しかしデビュー戦で鼻骨折し、イタリアの活動を終えた。その後、日本は1997年にワールドカップ出場を決定。しかし開幕直前にサッカー選手は代表落ちとなった。 そんなサッカー選手が現在所属している横浜FCのメンバーに取材。 Numberに掲載されていたサッカー選手の言葉を紹介。その中では「KING」という言葉とその他(スポーツ関係者)について語られていた。


NoImage

Number

番組名:教科書にのせたい! ( TBS

サッカー選手は1993年のワールドカップアジア最終予選の試合で2ゴール1アシストの活躍を見せMVPに輝く。そしてその翌朝、現地カタールの新聞に「KING KAZU」と載せられ、そのままキングカズという呼び方が浸透した。 その当人、サッカー選手は「キングと呼ばれていいのはその他(スポーツ関係者)」だけと語る。かつてカズはそのその他(スポーツ関係者)が所属していたサントスにも所属していた。 スタジオでサッカー選手についてトーク。 海外移籍の草分け的存在となったサッカー選手は27歳のときにセリエAに移籍。しかしデビュー戦で鼻骨折し、イタリアの活動を終えた。その後、日本は1997年にワールドカップ出場を決定。しかし開幕直前にサッカー選手は代表落ちとなった。 そんなサッカー選手が現在所属している横浜FCのメンバーに取材。 Numberに掲載されていたサッカー選手の言葉を紹介。その中では「KING」という言葉とその他(スポーツ関係者)について語られていた。

NoImage

横浜FC

番組名:教科書にのせたい! ( TBS

サッカー選手は1993年のワールドカップアジア最終予選の試合で2ゴール1アシストの活躍を見せMVPに輝く。そしてその翌朝、現地カタールの新聞に「KING KAZU」と載せられ、そのままキングカズという呼び方が浸透した。 その当人、サッカー選手は「キングと呼ばれていいのはその他(スポーツ関係者)」だけと語る。かつてカズはそのその他(スポーツ関係者)が所属していたサントスにも所属していた。 スタジオでサッカー選手についてトーク。 海外移籍の草分け的存在となったサッカー選手は27歳のときにセリエAに移籍。しかしデビュー戦で鼻骨折し、イタリアの活動を終えた。その後、日本は1997年にワールドカップ出場を決定。しかし開幕直前にサッカー選手は代表落ちとなった。 そんなサッカー選手が現在所属している横浜FCのメンバーに取材。 Numberに掲載されていたサッカー選手の言葉を紹介。その中では「KING」という言葉とその他(スポーツ関係者)について語られていた。


NoImage

セリエA

番組名:教科書にのせたい! ( TBS

サッカー選手は1993年のワールドカップアジア最終予選の試合で2ゴール1アシストの活躍を見せMVPに輝く。そしてその翌朝、現地カタールの新聞に「KING KAZU」と載せられ、そのままキングカズという呼び方が浸透した。 その当人、サッカー選手は「キングと呼ばれていいのはその他(スポーツ関係者)」だけと語る。かつてカズはそのその他(スポーツ関係者)が所属していたサントスにも所属していた。 スタジオでサッカー選手についてトーク。 海外移籍の草分け的存在となったサッカー選手は27歳のときにセリエAに移籍。しかしデビュー戦で鼻骨折し、イタリアの活動を終えた。その後、日本は1997年にワールドカップ出場を決定。しかし開幕直前にサッカー選手は代表落ちとなった。 そんなサッカー選手が現在所属している横浜FCのメンバーに取材。 Numberに掲載されていたサッカー選手の言葉を紹介。その中では「KING」という言葉とその他(スポーツ関係者)について語られていた。