テレビ情報紹介TOP > 佐野稔

出演者からテレビ番組情報を探す

「佐野稔」のテレビ情報

佐野 稔(さの みのる、1955年6月3日 - )は、日本の元フィギュアスケート選手。1976年インスブルックオリンピック男子シングル日本代表。1977年世界選手権3位。現在は明治神宮外苑アイススケート場ヘッドコーチ[1]、日本フィギュアインストラクター協会理事(総務部長)[2]。解説者としても活動している。

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(wikipedia)』

「佐野稔」が最近出演した番組(新着10件)

「佐野稔」出演番組で紹介されたアイテム(新着10件)

NoImage

世界フィギュアスケート選手権2011

番組名:スッキリ!! ( 日本テレビ

安藤美姫が見事逆転優勝を果たした世界選手権の結果をおさらい。 スタジオからは「大震災という不幸を、力に出来るのがすごい。今は日本中がこうなってる。出来てないのは政府だけ」「真央ちゃんが心配」との意見。

NoImage

世界フィギュアスケート選手権2011

番組名:スッキリ!! ( 日本テレビ

フィギュアスケートの世界選手権は、見事安藤美姫が優勝。 一方、一年ぶりの公式戦となったフィギュアスケート選手は表彰台で涙。 激しい戦いとなった、今回の世界選手権を振り返る。 ショートプログラムではキム・ヨナがトップを獲得。 続いて迎えたフリーではショートプログラム2位だった安藤美姫が完璧な演技。一方でキム・ヨナはジャンプでミスを出してしまい、安藤美姫が逆転優勝。 専門家は演技構成が、逆転優勝のポイントだったと指摘。 今シーズン、主要6大会で5勝を圧倒的な強さを見せた安藤美姫。 彼女の著書「空に向かって」(扶桑社)には、4回転への苦悩やモロゾフコーチとの出会いで原点に立ち返ったことなどが綴られている。 今回の大会の直前に発生した大震災の影響で、フィギュアスケートをすることに対しての悩みもあったが、多くの励ましに声もあり出場を決意しての見事な優勝だった。 一方、一年ぶりの公式戦で母国のファンから注目を集めていたフィギュアスケート選手は2位。 表彰台では思わず涙を流したが、この涙は選手復帰を決意するつらい期間を乗り越えて表彰台に立てたことへの嬉し涙だった。 安藤美姫は試合後のコメントで、被災者へのコメントを発表した。


NoImage

世界フィギュアスケート選手権2011

番組名:スッキリ!! ( 日本テレビ

フィギュアスケートの世界選手権は、見事安藤美姫が優勝。 一方、一年ぶりの公式戦となったフィギュアスケート選手は表彰台で涙。 激しい戦いとなった、今回の世界選手権を振り返る。 ショートプログラムではキム・ヨナがトップを獲得。 続いて迎えたフリーではショートプログラム2位だった安藤美姫が完璧な演技。一方でキム・ヨナはジャンプでミスを出してしまい、安藤美姫が逆転優勝。 専門家は演技構成が、逆転優勝のポイントだったと指摘。 今シーズン、主要6大会で5勝を圧倒的な強さを見せた安藤美姫。 彼女の著書「空に向かって」(扶桑社)には、4回転への苦悩やモロゾフコーチとの出会いで原点に立ち返ったことなどが綴られている。 今回の大会の直前に発生した大震災の影響で、フィギュアスケートをすることに対しての悩みもあったが、多くの励ましに声もあり出場を決意しての見事な優勝だった。 一方、一年ぶりの公式戦で母国のファンから注目を集めていたフィギュアスケート選手は2位。 表彰台では思わず涙を流したが、この涙は選手復帰を決意するつらい期間を乗り越えて表彰台に立てたことへの嬉し涙だった。 安藤美姫は試合後のコメントで、被災者へのコメントを発表した。

NoImage

世界フィギュアスケート選手権2011

番組名:スッキリ!! ( 日本テレビ

フィギュアスケートの世界選手権は、見事安藤美姫が優勝。 一方、一年ぶりの公式戦となったフィギュアスケート選手は表彰台で涙。 激しい戦いとなった、今回の世界選手権を振り返る。 ショートプログラムではキム・ヨナがトップを獲得。 続いて迎えたフリーではショートプログラム2位だった安藤美姫が完璧な演技。一方でキム・ヨナはジャンプでミスを出してしまい、安藤美姫が逆転優勝。 専門家は演技構成が、逆転優勝のポイントだったと指摘。 今シーズン、主要6大会で5勝を圧倒的な強さを見せた安藤美姫。 彼女の著書「空に向かって」(扶桑社)には、4回転への苦悩やモロゾフコーチとの出会いで原点に立ち返ったことなどが綴られている。 今回の大会の直前に発生した大震災の影響で、フィギュアスケートをすることに対しての悩みもあったが、多くの励ましに声もあり出場を決意しての見事な優勝だった。 一方、一年ぶりの公式戦で母国のファンから注目を集めていたフィギュアスケート選手は2位。 表彰台では思わず涙を流したが、この涙は選手復帰を決意するつらい期間を乗り越えて表彰台に立てたことへの嬉し涙だった。 安藤美姫は試合後のコメントで、被災者へのコメントを発表した。


NoImage

扶桑社

番組名:スッキリ!! ( 日本テレビ

フィギュアスケートの世界選手権は、見事安藤美姫が優勝。 一方、一年ぶりの公式戦となったフィギュアスケート選手は表彰台で涙。 激しい戦いとなった、今回の世界選手権を振り返る。 ショートプログラムではキム・ヨナがトップを獲得。 続いて迎えたフリーではショートプログラム2位だった安藤美姫が完璧な演技。一方でキム・ヨナはジャンプでミスを出してしまい、安藤美姫が逆転優勝。 専門家は演技構成が、逆転優勝のポイントだったと指摘。 今シーズン、主要6大会で5勝を圧倒的な強さを見せた安藤美姫。 彼女の著書「空に向かって」(扶桑社)には、4回転への苦悩やモロゾフコーチとの出会いで原点に立ち返ったことなどが綴られている。 今回の大会の直前に発生した大震災の影響で、フィギュアスケートをすることに対しての悩みもあったが、多くの励ましに声もあり出場を決意しての見事な優勝だった。 一方、一年ぶりの公式戦で母国のファンから注目を集めていたフィギュアスケート選手は2位。 表彰台では思わず涙を流したが、この涙は選手復帰を決意するつらい期間を乗り越えて表彰台に立てたことへの嬉し涙だった。 安藤美姫は試合後のコメントで、被災者へのコメントを発表した。