テレビ情報紹介TOP > 丸山桂里奈

出演者からテレビ番組情報を探す

「丸山桂里奈」のテレビ情報

丸山 桂里奈(まるやま かりな、1983年3月26日 – )は、日本の女子サッカー選手。東京都出身。身長163cm。ポジションはフォワード。日本体育大学卒業。

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(wikipedia)』

「丸山桂里奈」が最近出演した番組(新着10件)

9月25日(日) 23:00情熱大陸

共演者

「丸山桂里奈」出演番組で紹介されたアイテム(新着10件)

NoImage

ロンドンオリンピックサッカーアジア予選

番組名:情熱大陸 ( TBS

ロンドン五輪アジア最終予選の中国戦翌日、サッカー選手が右ひざに重症を負った。

NoImage

FIFA女子ワールドカップドイツ2011

番組名:情熱大陸 ( TBS

2004年、アテネ五輪アジア最終予選の日本vs北朝鮮の試合に、右ひざを痛めていた澤穂希は強行出場。しかし、右ひざ半月板を損傷してしまった。アテネ五輪本選に向けてリハビリを続ける当時の状況を、澤穂希はまたサッカーをしたいという気持ちでくじけずリハビリを続けられたと話した。 アテネ五輪で世界の壁を知ることになったが、澤穂希は立ち止まらなかった。喜ぶべきことは、澤穂希が切り開いた道を、川澄奈穂美など後輩達がついてきたこと。川澄奈穂美らが澤穂希について欠かせない存在だと話した。 なでしこJAPANはワールドカップで優勝し、国民栄誉賞も受賞。東京都栄誉賞や都民スポーツ大賞なども受賞。丸山桂里奈が、女子サッカーを取り巻く環境がかなり変わったと話した。


NoImage

アテネオリンピック

番組名:情熱大陸 ( TBS

2004年、アテネ五輪アジア最終予選の日本vs北朝鮮の試合に、右ひざを痛めていた澤穂希は強行出場。しかし、右ひざ半月板を損傷してしまった。アテネ五輪本選に向けてリハビリを続ける当時の状況を、澤穂希はまたサッカーをしたいという気持ちでくじけずリハビリを続けられたと話した。 アテネ五輪で世界の壁を知ることになったが、澤穂希は立ち止まらなかった。喜ぶべきことは、澤穂希が切り開いた道を、川澄奈穂美など後輩達がついてきたこと。川澄奈穂美らが澤穂希について欠かせない存在だと話した。 なでしこJAPANはワールドカップで優勝し、国民栄誉賞も受賞。東京都栄誉賞や都民スポーツ大賞なども受賞。丸山桂里奈が、女子サッカーを取り巻く環境がかなり変わったと話した。

NoImage

アテネオリンピック

番組名:情熱大陸 ( TBS

2004年、アテネ五輪アジア最終予選の日本vs北朝鮮の試合に、右ひざを痛めていた澤穂希は強行出場。しかし、右ひざ半月板を損傷してしまった。アテネ五輪本選に向けてリハビリを続ける当時の状況を、澤穂希はまたサッカーをしたいという気持ちでくじけずリハビリを続けられたと話した。 アテネ五輪で世界の壁を知ることになったが、澤穂希は立ち止まらなかった。喜ぶべきことは、澤穂希が切り開いた道を、川澄奈穂美など後輩達がついてきたこと。川澄奈穂美らが澤穂希について欠かせない存在だと話した。 なでしこJAPANはワールドカップで優勝し、国民栄誉賞も受賞。東京都栄誉賞や都民スポーツ大賞なども受賞。丸山桂里奈が、女子サッカーを取り巻く環境がかなり変わったと話した。


NoImage

日テレ・ベレーザ

番組名:情熱大陸 ( TBS

澤穂希は12歳のとき、読売ベレーザに入団。21歳で単身渡米し、リーグ初の日本人選手となった。毎日、練習内容をつづり、フィラデルフィア戦など試合のあとには、手ごたえや反省をしたためた。25歳のときに帰国し、日テレ・ベレーザに入団。澤穂希が当時の気持ちとして、観客が少なく寂しかったと話した。