テレビ情報紹介TOP > 中山美香

出演者からテレビ番組情報を探す

「中山美香」のテレビ情報

中山 美香(なかやま みか、1979年6月20日 - )は、セント・フォース所属のフリーアナウンサー。テレビ愛知の元アナウンサー。

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(wikipedia)』

「中山美香」が最近出演した番組(新着10件)

「中山美香」出演番組で紹介されたアイテム(新着10件)

NoImage

おがまるパック

番組名:スッキリ!! ( 日本テレビ

小笠原の旅を振り返りスタジオトーク。 スタジオからは「25時間かけていくだけの価値はある」「この自然は守らなくてはいけない!」などと絶賛の声。 実際に現地で取材したアナウンサー・キャスター・リポーターは「変わった気がする、心が穏やかになった」と発言したが、周囲からは「離婚とかいろいろあったからね…」「気持ちがささくれだってたからね」などといじられる。 さらにスタジオにお土産のパッションフルーツも登場し試食。 今回旅行に利用した「おがまるパック」は部屋数に限りがあるため、早めのお問い合わせが必要。

NoImage

パッションフルーツ

番組名:スッキリ!! ( 日本テレビ

小笠原の旅を振り返りスタジオトーク。 スタジオからは「25時間かけていくだけの価値はある」「この自然は守らなくてはいけない!」などと絶賛の声。 実際に現地で取材したアナウンサー・キャスター・リポーターは「変わった気がする、心が穏やかになった」と発言したが、周囲からは「離婚とかいろいろあったからね…」「気持ちがささくれだってたからね」などといじられる。 さらにスタジオにお土産のパッションフルーツも登場し試食。 今回旅行に利用した「おがまるパック」は部屋数に限りがあるため、早めのお問い合わせが必要。


NoImage

小笠原自然観察指導連絡会

番組名:スッキリ!! ( 日本テレビ

世界遺産にも認定された小笠原諸島を取材。 今回は6万2000円の「おがまるパック」を利用して移動。 小笠原の宿泊先は、小笠原の宿泊施設で海に最も近い「ゲストハウス ロックウェルズ」。 同じ頃、小笠原村役場では世界遺産登録の報告を村長がうけ大きな歓声に包まれた。 小笠原滞在3日目はマリンスポーツを楽しむ事に。波の穏やかな兄島瀬戸海中公園でシュノーケリングを楽しんだ。 さらに最大の目玉のホエールウォッチングへ。現場への移動中にはイルカも船に寄ってきて観光客らを喜ばせた。 クジラは必ず見られるとは限らないが、この日は見事マッコウクジラを見ることが出来た。 その後は島のお店で郷土料理を堪能。 丸丈ではサワラの刺身を、島唐辛子入りの醤油に漬ける島寿司を食べた。 夜は海岸を散策。そこでは産卵中のウミガメの姿を発見。 小笠原の固有の動植物を、ユネスコの調査官も案内した小笠原自然観察指導連絡会の宮川典継会長の案内の元見学。 5日目に島を後にしたが、港には多くの見送りの人が訪れ、船の周囲には無数の見送りの船も集まった。

NoImage

島寿司

番組名:スッキリ!! ( 日本テレビ

世界遺産にも認定された小笠原諸島を取材。 今回は6万2000円の「おがまるパック」を利用して移動。 小笠原の宿泊先は、小笠原の宿泊施設で海に最も近い「ゲストハウス ロックウェルズ」。 同じ頃、小笠原村役場では世界遺産登録の報告を村長がうけ大きな歓声に包まれた。 小笠原滞在3日目はマリンスポーツを楽しむ事に。波の穏やかな兄島瀬戸海中公園でシュノーケリングを楽しんだ。 さらに最大の目玉のホエールウォッチングへ。現場への移動中にはイルカも船に寄ってきて観光客らを喜ばせた。 クジラは必ず見られるとは限らないが、この日は見事マッコウクジラを見ることが出来た。 その後は島のお店で郷土料理を堪能。 丸丈ではサワラの刺身を、島唐辛子入りの醤油に漬ける島寿司を食べた。 夜は海岸を散策。そこでは産卵中のウミガメの姿を発見。 小笠原の固有の動植物を、ユネスコの調査官も案内した小笠原自然観察指導連絡会の宮川典継会長の案内の元見学。 5日目に島を後にしたが、港には多くの見送りの人が訪れ、船の周囲には無数の見送りの船も集まった。


NoImage

島唐辛子

番組名:スッキリ!! ( 日本テレビ

世界遺産にも認定された小笠原諸島を取材。 今回は6万2000円の「おがまるパック」を利用して移動。 小笠原の宿泊先は、小笠原の宿泊施設で海に最も近い「ゲストハウス ロックウェルズ」。 同じ頃、小笠原村役場では世界遺産登録の報告を村長がうけ大きな歓声に包まれた。 小笠原滞在3日目はマリンスポーツを楽しむ事に。波の穏やかな兄島瀬戸海中公園でシュノーケリングを楽しんだ。 さらに最大の目玉のホエールウォッチングへ。現場への移動中にはイルカも船に寄ってきて観光客らを喜ばせた。 クジラは必ず見られるとは限らないが、この日は見事マッコウクジラを見ることが出来た。 その後は島のお店で郷土料理を堪能。 丸丈ではサワラの刺身を、島唐辛子入りの醤油に漬ける島寿司を食べた。 夜は海岸を散策。そこでは産卵中のウミガメの姿を発見。 小笠原の固有の動植物を、ユネスコの調査官も案内した小笠原自然観察指導連絡会の宮川典継会長の案内の元見学。 5日目に島を後にしたが、港には多くの見送りの人が訪れ、船の周囲には無数の見送りの船も集まった。