テレビ情報紹介TOP > 中山秀征

出演者からテレビ番組情報を探す

「中山秀征」のテレビ情報

中山 秀征(なかやま ひでゆき、1967年7月31日 – )は、日本のタレント、司会者、俳優、元お笑い芸人。群馬県藤岡市出身。所属事務所はワタナベエンターテインメント。愛称「ヒデちゃん」。東京都立久留米高等学校中退。妻(宝塚歌劇団の元星組トップ娘役・白城あやか)との間に4人の男の子がいる。

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(wikipedia)』

「中山秀征」が最近出演した番組(新着10件)

「中山秀征」出演番組で紹介されたアイテム(新着10件)

NoImage

筑水キャニコム

番組名:ウチくる!? ( フジテレビ

草刈正雄の二枚目伝説を検証。 1977年にはマルベル堂のプロマイド年間ランキング俳優部門1位を獲得。 ちなみに歌手部門は男子が歌手、女性はピンクレディーが1位だった。 さらに1974年にはその他を演じたが、これがきっかけでその他=美男子というイメージが広まったともされている。その他の肖像画も登場したが「温水さんみたい…」との感想ももれた。 さらに、青山の野外ライブでミュージシャンの「セックスマシーン」を歌う事となったが、歌詞が分からず「ゲロッパ!」と30分いい続けたが、常に女の子が悲鳴をあげていたこともあった。 さらに、雑誌「With」のインタビューでも、同時に複数の女性と交際していた事や、好きな女性には触らないと!などと発言していた事も判明。 さらに筑水キャニコムからは「乗用 草刈機まさお」まで発売。 2001年にはグッドデザイン賞も受賞した。

NoImage

草刈機まさお

番組名:ウチくる!? ( フジテレビ

草刈正雄の二枚目伝説を検証。 1977年にはマルベル堂のプロマイド年間ランキング俳優部門1位を獲得。 ちなみに歌手部門は男子が歌手、女性はピンクレディーが1位だった。 さらに1974年にはその他を演じたが、これがきっかけでその他=美男子というイメージが広まったともされている。その他の肖像画も登場したが「温水さんみたい…」との感想ももれた。 さらに、青山の野外ライブでミュージシャンの「セックスマシーン」を歌う事となったが、歌詞が分からず「ゲロッパ!」と30分いい続けたが、常に女の子が悲鳴をあげていたこともあった。 さらに、雑誌「With」のインタビューでも、同時に複数の女性と交際していた事や、好きな女性には触らないと!などと発言していた事も判明。 さらに筑水キャニコムからは「乗用 草刈機まさお」まで発売。 2001年にはグッドデザイン賞も受賞した。


NoImage

講談社

番組名:ウチくる!? ( フジテレビ

草刈正雄の二枚目伝説を検証。 1977年にはマルベル堂のプロマイド年間ランキング俳優部門1位を獲得。 ちなみに歌手部門は男子が歌手、女性はピンクレディーが1位だった。 さらに1974年にはその他を演じたが、これがきっかけでその他=美男子というイメージが広まったともされている。その他の肖像画も登場したが「温水さんみたい…」との感想ももれた。 さらに、青山の野外ライブでミュージシャンの「セックスマシーン」を歌う事となったが、歌詞が分からず「ゲロッパ!」と30分いい続けたが、常に女の子が悲鳴をあげていたこともあった。 さらに、雑誌「With」のインタビューでも、同時に複数の女性と交際していた事や、好きな女性には触らないと!などと発言していた事も判明。 さらに筑水キャニコムからは「乗用 草刈機まさお」まで発売。 2001年にはグッドデザイン賞も受賞した。

NoImage

with

番組名:ウチくる!? ( フジテレビ

草刈正雄の二枚目伝説を検証。 1977年にはマルベル堂のプロマイド年間ランキング俳優部門1位を獲得。 ちなみに歌手部門は男子が歌手、女性はピンクレディーが1位だった。 さらに1974年にはその他を演じたが、これがきっかけでその他=美男子というイメージが広まったともされている。その他の肖像画も登場したが「温水さんみたい…」との感想ももれた。 さらに、青山の野外ライブでミュージシャンの「セックスマシーン」を歌う事となったが、歌詞が分からず「ゲロッパ!」と30分いい続けたが、常に女の子が悲鳴をあげていたこともあった。 さらに、雑誌「With」のインタビューでも、同時に複数の女性と交際していた事や、好きな女性には触らないと!などと発言していた事も判明。 さらに筑水キャニコムからは「乗用 草刈機まさお」まで発売。 2001年にはグッドデザイン賞も受賞した。


NoImage

SEX MACHINE

番組名:ウチくる!? ( フジテレビ

草刈正雄の二枚目伝説を検証。 1977年にはマルベル堂のプロマイド年間ランキング俳優部門1位を獲得。 ちなみに歌手部門は男子が歌手、女性はピンクレディーが1位だった。 さらに1974年にはその他を演じたが、これがきっかけでその他=美男子というイメージが広まったともされている。その他の肖像画も登場したが「温水さんみたい…」との感想ももれた。 さらに、青山の野外ライブでミュージシャンの「セックスマシーン」を歌う事となったが、歌詞が分からず「ゲロッパ!」と30分いい続けたが、常に女の子が悲鳴をあげていたこともあった。 さらに、雑誌「With」のインタビューでも、同時に複数の女性と交際していた事や、好きな女性には触らないと!などと発言していた事も判明。 さらに筑水キャニコムからは「乗用 草刈機まさお」まで発売。 2001年にはグッドデザイン賞も受賞した。