テレビ情報紹介TOP > ビートたけし

出演者からテレビ番組情報を探す

「ビートたけし」のテレビ情報

ビートたけし(本名:北野 武(きたの たけし)、1947年(昭和22年)1月18日 – )は、東京都足立区出身、オフィス北野所属のお笑いタレント、映画監督、俳優、司会者、東京芸術大学大学院映像研究科教授、元漫才師(ビートキヨシとともに、ツービートとして活動)であり、日本国外では映画監督としての知名度が高い。また、立川談志一門であり高座名「立川錦之助」を持つ。

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(wikipedia)』

「ビートたけし」が最近出演した番組(新着10件)

8月1日(月) 13:55こちら葛飾区亀有公園前派出所

共演者

「ビートたけし」出演番組で紹介されたアイテム(新着10件)

NoImage

チャンネル4

番組名:世界まる見え!テレビ特捜部 ( 日本テレビ

田舎の家庭で暮らすお母さんと、都会の家庭で暮らすお母さんを交換したらどうなるかという、イギリス・チャンネル4のテレビ番組を紹介。

NoImage

エアカナダ

番組名:世界まる見え!テレビ特捜部 ( 日本テレビ

エアカナダ143便が緊急着陸した。前輪が破損したものの、奇跡的にケガ人は1人もでなかった。事故機を調査したところ、原因は燃料不足という人為的ミスだった。


NoImage

ボーイング767

番組名:世界まる見え!テレビ特捜部 ( 日本テレビ

エアカナダ143便が緊急着陸した。前輪が破損したものの、奇跡的にケガ人は1人もでなかった。事故機を調査したところ、原因は燃料不足という人為的ミスだった。

NoImage

東京電力

番組名:ビートたけしのTVタックル ( テレビ朝日

原発賠償支援法が成立となり、国民負担の懸念も高まることになった。元官僚の原英史によれば「東京電力と経済産業省の間で決められたきおとにすぎない。政治家が本当に脱原発をしたいなら、東京電力を解体するべき。発送電分離とか言っている問題じゃない」と厳しく切り捨てた。


NoImage

広島平和記念式典

番組名:ビートたけしのTVタックル ( テレビ朝日

広島平和記念式典で政治家は脱原発依存を掲げた演説を行ったが、原発技術の輸出は行うとしており、矛盾も生まれている。 阪神大震災の時、当時の政治家は「全ての責任は自分がとる。全ての大臣・省庁を中心に人命救助と復興に全力を挙げてほしい」と言い、発生から2日目には現地へ食料が届けられた。東日本大震災では民主党が後手に回って支援も滞り、その差はr系善としている。福岡政行は「政治家が辞任しなければ原発事故は収束しない」と断言した。