テレビ情報紹介TOP > なぎら健壱

出演者からテレビ番組情報を探す

「なぎら健壱」のテレビ情報

なぎら 健壱(なぎら けんいち、1952年4月16日 - )は、日本のフォークシンガー、俳優、タレント、漫談家、エッセイスト。東京都中央区銀座(旧・木挽町)出身。 本名・柳楽 健一(読みは芸名と同じ)。旧芸名・なぎらけんいち。長男は、ヒップホップユニットのREMのボーカル、eito.08(柳楽詠人=なぎら・えいと=)。弟子は、中里トシ、田代ともや、プロフェッサー佐藤。

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(wikipedia)』

「なぎら健壱」が最近出演した番組(新着10件)

「なぎら健壱」出演番組で紹介されたアイテム(新着10件)

NoImage

ガイガーカウンター

番組名:Nスタ ( TBS

東京都の主婦の動きに密着。主婦は自分でガイガーカウンターを所持しており、1ヵ月前から主婦仲間と近所の測定を行っている。彼女らが依頼した専門家の調査の結果、同じ公園施設内などでも測る場所によって細かく結果が違っていると指摘した。 そんな中、都内では下水処理施設で高い放射線量が計測されるなど新たな問題が発生。施設では各地から集まった汚泥を脱水し焼却しているが、その過程で放射性物質が濃縮されたと見られている。業者が引き取りを拒否し、保管に支障をきたす施設も出てきている。 東京都が今日から100か所の空間放射線量測定を行った。検査結果と身の回りの放射線被ばくを比較し、放射線がたまりやすい場所が紹介された。 どのくらいの放射線量で、どのような健康被害出るのか明確に分かっていないので、放射線量の増加具合を見ていくのが大切だと話す。この増加具合を見て今後どう活かすかが重要である。

NoImage

餃子

番組名:Nスタ ( TBS

リンゴの皮むきから分割まで自動で行う食品マシンと人の手で対決した。マシンはわずか30秒で皮むきから分割まで終了。 自動海苔巻き機と人の手で対決した。人が1本海苔巻きを作る間に、マシンは4本完成させた。 気仙沼市の水産加工機械メーカーのフィッシュカッター・ツネザワでは津波で故障した機械の修理の依頼が多く寄せられている。津波の被害を免れた工場では、毎日ように機械が運び込まれている。 フィッシュカッター・ツネザワの社員は、津波で骨組みだけになった水産加工会社を訪れた。水産加工会社の復興には人手では難しい作業をしてくれる機械を作るフィッシュカッター・ツネザワが欠かせないという。 スタジオで自動餃子製造機を紹介し、機械で作った餃子を試食した。1980年頃に発売開始し、国内シェアナンバー1だという。1時間に1500個をも製造する。 日本での食品機器のはじまりを解説。その他一般人が1883年に製麺機を作ったことがはじまり。微妙な味や食感、繊細な技術などが評価されて、日本の食品危機は世界トップクラスである。


NoImage

FOOMA JAPAN2010国際食品工業展

番組名:Nスタ ( TBS

リンゴの皮むきから分割まで自動で行う食品マシンと人の手で対決した。マシンはわずか30秒で皮むきから分割まで終了。 自動海苔巻き機と人の手で対決した。人が1本海苔巻きを作る間に、マシンは4本完成させた。 気仙沼市の水産加工機械メーカーのフィッシュカッター・ツネザワでは津波で故障した機械の修理の依頼が多く寄せられている。津波の被害を免れた工場では、毎日ように機械が運び込まれている。 フィッシュカッター・ツネザワの社員は、津波で骨組みだけになった水産加工会社を訪れた。水産加工会社の復興には人手では難しい作業をしてくれる機械を作るフィッシュカッター・ツネザワが欠かせないという。 スタジオで自動餃子製造機を紹介し、機械で作った餃子を試食した。1980年頃に発売開始し、国内シェアナンバー1だという。1時間に1500個をも製造する。 日本での食品機器のはじまりを解説。その他一般人が1883年に製麺機を作ったことがはじまり。微妙な味や食感、繊細な技術などが評価されて、日本の食品危機は世界トップクラスである。

NoImage

フィッシュカッター・ツネザワ

番組名:Nスタ ( TBS

リンゴの皮むきから分割まで自動で行う食品マシンと人の手で対決した。マシンはわずか30秒で皮むきから分割まで終了。 自動海苔巻き機と人の手で対決した。人が1本海苔巻きを作る間に、マシンは4本完成させた。 気仙沼市の水産加工機械メーカーのフィッシュカッター・ツネザワでは津波で故障した機械の修理の依頼が多く寄せられている。津波の被害を免れた工場では、毎日ように機械が運び込まれている。 フィッシュカッター・ツネザワの社員は、津波で骨組みだけになった水産加工会社を訪れた。水産加工会社の復興には人手では難しい作業をしてくれる機械を作るフィッシュカッター・ツネザワが欠かせないという。 スタジオで自動餃子製造機を紹介し、機械で作った餃子を試食した。1980年頃に発売開始し、国内シェアナンバー1だという。1時間に1500個をも製造する。 日本での食品機器のはじまりを解説。その他一般人が1883年に製麺機を作ったことがはじまり。微妙な味や食感、繊細な技術などが評価されて、日本の食品危機は世界トップクラスである。


NoImage

フィッシュカッター・ツネザワ

番組名:Nスタ ( TBS

リンゴの皮むきから分割まで自動で行う食品マシンと人の手で対決した。マシンはわずか30秒で皮むきから分割まで終了。 自動海苔巻き機と人の手で対決した。人が1本海苔巻きを作る間に、マシンは4本完成させた。 気仙沼市の水産加工機械メーカーのフィッシュカッター・ツネザワでは津波で故障した機械の修理の依頼が多く寄せられている。津波の被害を免れた工場では、毎日ように機械が運び込まれている。 フィッシュカッター・ツネザワの社員は、津波で骨組みだけになった水産加工会社を訪れた。水産加工会社の復興には人手では難しい作業をしてくれる機械を作るフィッシュカッター・ツネザワが欠かせないという。 スタジオで自動餃子製造機を紹介し、機械で作った餃子を試食した。1980年頃に発売開始し、国内シェアナンバー1だという。1時間に1500個をも製造する。 日本での食品機器のはじまりを解説。その他一般人が1883年に製麺機を作ったことがはじまり。微妙な味や食感、繊細な技術などが評価されて、日本の食品危機は世界トップクラスである。